雨漏りの修理代は誰が払う?屋根の塗装工事のクーリングオフは可能?

建築後に発生した雨漏りの修理代

住宅の購入方法として、建売住宅と注文住宅があります。建売住宅は、土地と建物がセットになって売られていて、既に建物が建てられています。注文住宅は更地の状態の土地の上に、専門家などと相談しながら住宅を建てます。どちらにしても建築業者がいて、一定の保証が受けられるようになっています。建築後10年以内に雨漏りが発生したとき、業者に修理代を請求したが払ってくれないときは弁護士に相談しましょう。住宅の売主は瑕疵担保責任を負っています。築後10年以内に住宅の欠陥が見つかったとき、無償で修理をしなければいけません。ただ雨漏りが欠陥によるものかどうかの判断が難しいかもしれません。弁護士に依頼すれば、必要な手続きをアドバイスしてくれます。

訪問販売で屋根の塗り替えを行ったとき

郵便ポストの中には、毎日のようにいろいろなチラシが入っています。一戸建てであれば住宅の売却関係、修繕関係、水道工事関係などいろいろなチラシが入っています。チラシであれば捨てておしまいですが、実際に訪問をされて話を聞くとついその場の雰囲気で契約まで進むときがあります。訪問販売で屋根の塗り替えを行ってもらったが、その代金に納得いかないときはどうすればよいかです。まずは弁護士に相談して、契約が解除できるかどうか確認してみましょう。訪問販売による契約は、クーリングオフの対象になる可能性があります。対象になれば代金の支払いは不要になります。塗り替えの工事が行われていても受けられますが、弁護士に間に入ってもらった方が解決しやすいでしょう。

ミカタというふわりとした表現をすることによって多くの人が味方というイメージを一新したでしょう。「正義の味方」とすると何かお堅い印象があります。カタカナにすることによって親しみやすい言葉になりました。