いざという時の頼れる味方!弁護士選びのポイント

雇用問題に強い弁護士のサポートを受けよう

未払い賃金やサービス残業などのトラブルは、労働者が一人で解決することが難しいため、早急に雇用問題に強い弁護士にサポートを依頼することが大切です。特に、使用者側と労働者側で主張が対立している場合には、労働審判や労働裁判などの手続きが必要となることもあります。そこで、長期間にわたって問題に対処をするために、できるだけ専門的な分野に特化した弁護士のいる法律事務所を選ぶことがおすすめです。また、上司からのパワハラやマタハラ、いじめなど職場内における問題については、信頼のできる弁護士に同席してもらい、労働基準監督署や労働局などの公的な窓口に相談をすることも大切です。

離婚問題をスムーズに解決するなら

離婚問題は、不貞行為や家庭内暴力などの明確な理由がない場合に、夫婦の間で話がまとまらないケースが少なくありません。特に、性格の不一致のために離婚をしたい場合には、問題が長引きやすいため、家庭内の問題に詳しい弁護士に仲裁をしてもらうことがおすすめです。最近では、民事事件を専門に扱っている法律事務所において、無料の離婚相談のサービスが行われているところが増えています。そこで、離婚に関する悩みを抱えている場合には、法的な手続きの取り方や裁判上での話し合いの方法について、経験豊富な弁護士から助言を受けると良いでしょう。その他、離婚調停や裁判になる場合には、一年以上の期間が必要となることもあり、着手金や報酬額などをよく確認して依頼先を決めることが大切です。

弁護士への相談・依頼の際に発生した費用を補償する保険が「mikata」です。近隣トラブルや養育費トラブルをはじめ、交通事故の際の弁護士相談にも対応しています。