通信制高校へ通うメリットとデメリットとは?

通信制高校へ通うメリットは?

全日制高校へ通うより通信制高校へ通うメリットは、一体どのような事が考えられるのでしょうか。通信制の高校を選択する理由として、家庭の経済的な問題で全日制へ進学できなかった人の場合であれば、働きながら高校卒業の資格が得られるという点が最大のメリットです。学校の学科やコース内容で異なりますが、一般的な公立の通信制高校の学費は3年間で10万円程度の費用で卒業できるそうです。また芸能やスポーツなどの方面で、今は優先させるべきものがある人の場合では、学業以外に多く時間を割ける点がプラスのポイントでしょう。学校によっては月に2~10回のスクーリングとレポート提出、試験以外は、基本的に自宅学習OKなので、全日制の高校と比べて拘束時間や校則に影響されず、自由にそれぞれの分野で活動することが可能です。

通信制高校へ通うデメリットは?

通信制高校は基本的に自宅学習なので、全日制の高校と比べて時間の拘束を受けず自由に学べる環境にあります。しかしその一方で、自ら進んで勉強に取り組まなくてはならない苦労もあると考えられるでしょう。試験をパスできずに単位を落としてしまって、留年してしまうケースも少なくないそうです。誰かにスケジュールを組んでもらってその通りに勉強するのではないので、すべての成果は自分の自主性にかかってきます。途中で挫折せずにちゃんと卒業するには、「そもそもなぜ通信制高校を選んだのか」「卒業した後の目標は」といった動機と目標を明確に持ち続ける必要があるのかもしれませんね。

学力が中卒では何かと不利な世の中です。その中で通信制高校があります。通信制高校を名古屋に決めて高卒資格を取りましょう。