今更人に聞けない!サルでも分かるiDecoの始め方

iDecoは自分で積立てる年金のこと

「iDeco(イデコ)」とも呼ばれている、個人型確定拠出年金のことをご存知ですか?iDecoは自分でお金を運用し、老後に備える「自分年金」のことです。どう始めれば良いのか、まだ分からない人も多いと思いますので今回はその始め方を簡単にご説明します。

ステップ1、金融機関を選んで口座を開設

iDecoを始めるには、取り扱っている金融機関で専用口座を開設する必要があります。具体的には、銀行・信用金庫・証券会社・生命保険などがあります。ただし、企業型の場合は、勤め先の会社が金融機関を選んでおり自分で選ぶことはできません。また、選択した金融機関によって、商品のラインナップや手数料が異なることも注意が必要です。iDecoは原則、60歳まで引き出すことができません。多くの人にとって、長期運用になるため手数料が高い金融機関を選択すると、最終的に数百万違ってくることもあります。

ステップ2、ネットで資料請求

金融機関を選択後、次は口座開設のための資料請求を行います。Webサイトの資料請求欄から申込むか、お問合せ電話番号が記載されている場合は電話で申込むことも可能です。資料が届けば、内容を確認して必要書類に記入。また、会社員の方は勤め先に「事業所登録申請書兼第二号加入者に係る事業主の証明書」という書類を提出する必要があります。

ステップ3、国民年金基金連合会からの連絡を待つ

申込書を金融機関に提出した後、手続きが完了するまで1ヶ月程度の時間がかかることがあります。手続きが完了すると、国民年金基金連合会から通知が届きます。これで運用が開始され、口座開設の金融機関で運用状況を確認することができます。運用開始後も、定期的に状況を確認していきましょう。

iDeCOとは個人型確定拠出年金の事で個人で毎月積み立てて運用していく私的年金です。5000円から始めることができ、運用する商品を自分で選べます。60歳になると受け取れます。