ビットコインを使う取引!これはどういうものなのか?

まずビットコインについて知ろう

ビットコインは仮想通貨の先駆的な存在で一番の人気の商品となっています。実物が存在しない商品でインターネット上で取引をしているのが特徴です。日本円で買い付けてビットコインを専用のウォレットに蓄積するといったシステムをしています。価値は常に変動するシステムとなっているので昨日購入したものが今日値上がりしている場合もあるのが強みです。安く買い付けて高く売るキャピタルゲインが有効でうまくいけば資産運用をすることができます。

トランザクションの仕組みを紹介

トランザクションとは取引のことでビットコインの財布となるウォレットで入出金を行います。取引はセキュリティのために電子署名が付けられているので安全性が高いです。一度取引が行われるとネットワークに参加している人全員に履歴が公開される仕組みをしています。送金されたビットコインはどうなったのかチェックする事ができるので不正が行われているかどうかも判断可能です。

具体的にどのように取引をするのかというと必要なものが2つあるので知っておくといいでしょう。これはビットコインアドレスと秘密鍵です。前者はランダムな英数字の羅列で構成されたもので秘密鍵はアドレスとは別に英数字の羅列で作られています。他の方に送金をしたいときは秘密鍵を使って送金元に送金額、送金先の情報があるメッセージに署名をする仕様です。その後財布からコインがビットコインネットに送られてマイナーに承認されると取引が完了する仕組みです。

取引が完了するまではある程度時間がかかるので待ちます。

仮想通貨のビットコインでFX取引ができます。現物取引とは違い、損益のみでやりとりします。価格変動が激しいので、ハイリスクですがその分ハイリターンが見込めます。