所得税を支払っている人は有利!!選べる商品が少ないかも!!

所得税がかからない状態だとメリットが少ない

所得に対しては所得税がかかります。サラリーマンなら給与所得が主な所得税の対象になり、多くの人は一定額が課税されています。ただ、所得控除や税額控除などの仕組みがあり、それらを利用すると税金が減らせるときがあります。住宅を購入するときに住宅ローンを利用すると住宅ローン減税が適用され、所得税がゼロになっている人もいます。イデコを利用するときの注意として、所得税がかからない状態の人はあまりメリットが得られない可能性があります。一旦拠出すると60歳以降にならないと年金として受けられないので、お金が必要になっても使えません。その他の事情で所得税がかからない状態の人は、トータルのメリットも考えて利用するかどうか決める必要があります。

NISAに比べると選べる商品が少ない

イデコを利用するとき、NISAを利用するかどうか比較するかもしれません。どちらも投資利益に対する課税がされません。NISAにもつみたて制度ができるなど、老後資産を貯蓄するのに適した制度になっています。税制では所得控除がある分イデコの方が有利といえそうですが、いざ口座開設をした後に困るときもあるので注意をしておきましょう。イデコの口座を金融機関で作ると、その金融機関で用意するイデコ専用の商品から選んで投資をしていきます。NISAであれば、投資信託なら公社債投資信託以外はすべて対象です。ETFやJREITなどにも投資ができます。しかしイデコではETFなどへの投資はできません。よく似た商品はあるものの、投資対象が狭い仕組みになっています。

個人型拠出年金のイデコ、住民税・所得税の節税効果が抜群ですので是非加入をオススメします。60歳までの方なら誰でも加入できます。年末調整の際に個人年金の支払額を記入するだけで所得控除の対象になります。