合格へ向けて!塾選びで大事なことを考える

実績だけで判断しないこと

高校受験や大学受験の成功を目指して勉強するときのひとつのポイントが塾選びです。塾の前には有名大学や高校の合格者人数が掲載されていて、その塾に通えば合格できると考えてしまいがちですが、必ずしもそういうことではありません。確かに合格実績の高い塾においては長年の経験から受験に対するノウハウが指導に取り込まれているので、的確な指導をすることができます。ただ、その指導のレベルが本人に合っているかということがポイントになります。そのため、合格実績だけで判断するのではなく、指導内容やカリキュラムなどについてしっかりと検討することが重要なことであると言えます。

子供目線と親目線の違い

多くの塾ではどのような授業を展開しているか肌で感じ取ってもらうための体験授業を取り込んでいます。体験授業を受けてみることが一つのポイントと言われています。これは子供が実際に授業を受けてみて、気に入れば入塾するという流れですが、ここで見落としがちなポイントがあります。それは、子供の視点と親の視点は違うということです。子供からするとやはり気に入る要因としては、友達が通っているということや講師が優しいということが挙げられます。ただ、それらの要因が成績向上に関係するかというと必ずしもそうではありません。成績向上を目指し志望校合格を目標としているならば、厳しさなども必要となります。そのため、親目線でそれを判断する必要があります。そのためには親がしっかりと塾の説明を聞くことが大事なことです。

個別指導のメリットは、自身に沿った勉強を進められることです。学びたい内容のほか、強化したい分野に徹底した学習ができるため、理解を深めるにはよい学習法です。