相続税は全員にかかるの?自分で申告しても大丈夫?

全ての人にかかるわけではない

消費税は、多くの人が支払っているでしょう。スーパーなどで買い物をすれば、それらの商品に消費税がついています。所得税となるとすべての人が払っているわけではありません。所得がない人、少ない人などは払わなくてよい仕組みになっています。では相続税はどうなっているかです。家族などが亡くなったとき、相続人が財産を受けますが、その時の額によって税金が決められます。家族の資産を受けるからそのままかかっていては生活に影響が出る時もあります。そのために一定の控除額が設定されています。その控除額以内であれば、課税される相続税がゼロになるので、一切税金はかかりません。今は基礎控除額が3千万円なので、3千万円以下なら全くかかりません。

自分で申告をするのか税理士に頼むか

所得税の確定申告をするとき、多くの人は自分で行うでしょう。資産家などだと税理士に依頼するときもあるようです。会社などだと顧問税理士に付いてもらって申告を行うケースが多いです。なぜかですが、会社は一定期間ごとに税務調査が入ります。顧問税理士がいると、税務調査の対応をしてもらえます。素人が対応するのは難しいからです。相続税は個人がもらいますから、一応個人で申告納税ができます。現金預金しか相続しないなら、自分で行っても良いかもしれません。しかし不動産等複数の相続財産があるのであれば税理士に依頼した方がいいでしょう。相続財産の試算であったり、税金の計算、将来的に税務調査が入ったときの対応などもしてもらえます。

相続税の税理士を神奈川で探す際はしっかりと専門性の高い税理士を選びましょう。精通度合いで結果的に手元に残る金額に差が出る事もあります。